読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

窓の外の道路工事が始まる音で目が覚めた。下腹部に乾いた痛みが走る。酷い倦怠感で起き上がるのが億劫だが、男が目覚める前に部屋を出たかった。由美子は無数に転がるビールの空き缶を縫って洗面所に向かった。一歩歩くたびに、足の裏に何かがねとりと纏わ…